1. TOP
  2. よしもと芸人ブラックマヨネーズがMCのAbemaTV番組『ブラマヨの放送ギリギリブラックトーク』にナイト情報ライターの風俗作家・吉岡優一郎が出演した裏話を一挙大公開!!

よしもと芸人ブラックマヨネーズがMCのAbemaTV番組『ブラマヨの放送ギリギリブラックトーク』にナイト情報ライターの風俗作家・吉岡優一郎が出演した裏話を一挙大公開!!

27 Views

みなさんこんにちは。
風俗作家の吉岡優一郎です。

 

AbemaTV出演報告

 
実はBSスカパー『ダラケ』出演の半年前にも、
吉本の漫才師・ブラックマヨネーズのお二人がMCを勤める
AbemaTVの『ブラマヨの放送ギリギリブラックトーク』に出演してきました。
今回はその裏側をお話したいと思います。
bl2
番組のMCはM-1王者のブラックマヨネーズ
 

それは山手線の中で始まった!

 
事の最初は昨年(2016年)9月の1日、
取材のため東京で活動しているときのこと。
山手線で新宿から池袋に向かう車内で、突然メールが届きました。
『AbemaTVで番組を制作しております○○と申します。
突然で申し訳ありませんが、9月4日午後9時からの生放送に出演して頂けませんでしょうか?』

bl3
番組は3部構成で、風俗業界のブラックトークとして第二部に登場しました。
 
正直、とても驚きました。
このタイミングでテレビ番組からのオファーが届くなんて考えてもいませんでしたし、
しかも放送はわずか3日後の生放送、テレビに出演できるような衣装も持って来ていない。
正直最初、このタイミングでのオファーはない、断ろう..と思いました。

bl4
本編では風俗嬢のプロフィールと、本番強要問題についてお話しました。
 

編集長から’出るべき’とのアドバイス

 
移動先の池袋で、連載を持たせてもらっているサイトの編集長に相談をします。
「もしこの話がうちに来たら’出る’の一択ですよ。断るという選択肢はありません。
今後のお仕事の展開を考えたら、絶対に出たほうがいいと思いますよ。」
この声に背中を押され、ボクは先方に’出演します’と返事をしました。

bl5
左からブラックマヨネーズのお二人、スカウトの方、元経営者、一番右が吉岡。
 

テレビ衣装とブーイング

 
放送前日の午前中、場所はJR御徒町駅前のUNIQLO。
テレビ出演用の衣装を持ってきていなかったボクは急遽衣装調達をしました。
試着室に篭っていると、3名の女性が『衣装を買う』と呟いたボクのツイッターを見て、
『試着した服を写メ撮って送れ』とLINEを送ってきたのです。
1着試着するごとに写真を送りますが、帰ってくる言葉は…
『もっと明るい色を』『ダサい』『センス悪い』…..そのうち罵詈雑言が飛び始めます。
やっとのことで服を決め、ボクは番組の打ち合わせへ向かいました。

bl6
なんとか最後は笑いを持ってくることができました。
 

打ち合わせ場所は入谷のドトール

 
午後3時、場所は地下鉄日比谷線入谷駅上のドトール。
番組のディレクターがお二人でいらっしゃいます。
冒頭、ボクは岡山県在住で、このような突然なオファーには本来は応じられない旨を伝えます。
するとディレクター氏…
「私は吉岡さんの書いた本を読んでいて、ずっと番組に出てもらいたいと考えていたんです。
たまたまFacebookを見ていたら、東京にいらっしゃる。『今だ!!』ってオファーしたんです。」
とても嬉しい、作家冥利に尽きる言葉です。

bl7
共演者のメジャーAV男優しみけんさん
 

新宿三丁目のテレビスタジオ

 
というわけで打ち合わせも完了し翌日、午後9時からの生放送に向け新宿2丁目のスタジオに入ります。
マンション最上階にメソッドタイプの広い空間のスタジオがあり、
以前は俳優の石坂浩二さんがお住まいだった部屋だとか。

bl1
本番前のスタジオ。メソッドの階段上部から見下ろしたところ。
 
夜9時には生放送が始まりましたが、最初のパートが盛り上がり時間が押しに押し、
ボクが出演のパートは20分の予定が10分そこそこに…
でも、番組はとてももりあがり、楽しい時間が過ごせました。

 
bl9
AV監督のラッシャーみよしさん。ピンクサロン評論家としても有名な風俗ライターとしての実績も…。

共演者は’しみけん’さんと’ラッシャーみよし’さん

 
この番組では、普段知り合えない方とも共演しました。
超人気メジャーAV男優の’しみけん’さん。
この日も2箇所の現場を掛け持ちしてから駆けつけたそうです。
楽屋で少しだけお話をさせていただいたのですが、
テレビ局が用意したお弁当には手を付けず、野菜中心の弁当持参でいらっしゃっていて、
自宅にはトレーニングジムさながらの器具を備えているそうです。
まさに、アスリートのような好青年でした。
必殺の体位は、ロールスロイスだとのこと。番組内でブラマヨ小杉さん相手に披露されました。

bl8
しみけんさんの必殺技。最も気持ちのいい体位『ロールスロイス』
 
そして、ピンクサロン評論家としてもレジェンドとも言えるAV監督 ラッシャーみよしさん。
ずっと一度お逢いしたいと思っていた方なので、番組でご一緒できたのはとても光栄でした。

 
わずか半年の間に2度続いたテレビ出演でしたが、とても充実した時を過ごせました。
なにより、楽しかったですね。
それとブラマヨのお二人もさすがはM-1王者。トーク技術と場の盛り上げ方、透かし方は勉強になりました。

 
次は8月に愛知県のFMラジオ局に出演します。
その時にはまたご報告したいと思います。

 

 

 

ライター紹介

吉岡優一郎

吉岡優一郎

1964年2月23日生まれ ノンフィクション作家。PHPプログラマー。1996年より20年にわたり風俗業界に関わっている。
風俗情報ネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』を2002年にスタート。
その縁でインターネットラジオ局『レディオ与一』『淫らなラジオ 淫らじ』を設立し、両局で局長を務める。
著書に『風俗嬢のホンネ』『もっと風俗嬢のホンネ』『風俗嬢たちのリアル』『ベテラン風俗ライターが明かすフーゾク業界のぶっちゃけ話』『ワケありな風俗嬢たち』(いずれも彩図社)がある。
ミリオン出版『俺の旅』、『FenixZine』、『みっけStory』、『よるともネット』などで連載中。
おもにインタビュアーとして活躍の傍ら、体験取材や旅行記、風俗店アドバイザーとしても実績がある。