1. TOP
  2. 潮吹き奥鉄一!! 奥様鉄道69 めぐみさんに逢ってきました

潮吹き奥鉄一!! 奥様鉄道69 めぐみさんに逢ってきました

みなさんこんばんは。
風俗作家の吉岡優一郎と申します。
ボクは岡山県の在住で、風俗嬢のホンネほか、これまでに風俗に関する書籍を5冊書いています。
今回、ナイト情報さんのお誘いで、このブログに岡山の風俗の情報を書かせていただくことになりました。
よろしくお願いします。
 

めぐみさんからコンタクトが来た

今年の7月、突然Twitterで1本のDMが届きました。
「奥様鉄道69 西東京店の めぐみ と申します。
吉岡さんが岡山県在住の方と聞いて驚きました。
実は私も本宅は岡山県内にあって、しょっちゅう東京と岡山を行き来しているんです。
よかったら私を取材してもらえませんか?」
奥鉄のめぐみさんと言えば『日本一の潮吹き女』として売り出し中の風俗嬢。
西東京店在籍ながら全国の奥鉄の支店を巡業するかのごとく出稼ぎに回る超有名風俗嬢です。
そんな有名な風俗嬢からの申し出にポクは喜び勇んで東京は新宿まで飛んでいったわけですよ。
待ち合わせ場所は新宿アルタ裏口。そして歌舞伎町の某所でお話を訊きました。

 

デビューは岡山のポッチャリ専門店

「風俗デビューは5年前。その少し前に起業していて、今も会社を経営しているんです。
その事業資金が必要になったので、風俗で働こうと決心しました。
それ以前にも亭主が単身赴任で家を空けていたころに、夜な夜なライブチャットでお小遣い稼ぎをしていた時期もあって、
仲良くなった人と会って、その方にかなりHの調教をされたりもしたので、
風俗で働くということに、そんなに強い抵抗感はなかったですね。
–それでデビューはどんなジャンルですか?
「当時の私は岡山県内の本宅に住んでいたので、岡山市内のぽっちゃり専門のデリヘルで働き始めました。
80キロ90キロの女の子たちが主流のお店で、私はとてもそんなに体重はなかったので、そんなに売れませんでしたね。
でもひどい店で、『持ち合わせがない』とか言われて、まともにお給料を払ってもらえなかったんです。」
–まさかそこって、『ぽっちゃり??〇〇』って店??
「そうですそうです。そこです。よく知ってますね?」
 
–ボクがホームページ作ったのに、制作代金を踏み倒された店ですよ。(笑) ひどいお店に入ったものですね。(苦笑)
「奇遇ですね。(笑) なんとかしつこく言って未収分を貰って、それでほかの店へ移籍して、その後に奥鉄の岡山店へ移ったんです。」

潮吹きで有名に! 全国から客到来!!

「私の特技は潮吹きなんですけど、ある時どこかの雑誌で私の潮吹きが取り上げられて、かなりの評判になったんです。
その結果、全国からお客さんが私の指名でいらっしゃるようになったんですよ。
それこそ関東からとか九州からとか。私の潮吹きが見たいって。」
–今は西東京店在籍とのことですけど、東京へ移られたきっかけは何だったのですか?
「奥鉄で働きながら、一方で自分の会社の仕事をしながら、子供のPTA活動にも顔を出していたのですが、
PTAでよく一緒になってたお父さんが、客として来てしまったんです。
顔を合わせてお互いにびっくりして、内緒にしましょうって言って、お金を返してキャンセルにしてもらったんです。
そんなできごとから、岡山で風俗をやるのはもう無理だと思って、上の子供の進学に合わせて新宿に家を借りて同居したんです。
今は西東京店に移籍して、下の子がまだ小学生なので、PTAの行事や生理休暇の時には岡山の本宅へ戻っているんです。
今も帰省時には岡山店へ出張扱いで出勤することもあって、常連さんには呼んでいただいています。」

 

全国各地出張巡業中

–めぐみさんのTwitterを見ると、今日は岡山店、来週は大阪店というように、全国各地の奥様鉄道に出勤してますよね。それはどうして?
「私の潮吹きが評判になったので、全国の各店から『めぐみさんに来てほしい』って声が届くようになったんです。岡山には子供の用事でしょっちゅう帰る時に出勤してますし、その行きかえりに大阪店に出勤することもあります。ほかにも仙台、名古屋、広島、福岡、熊本からも『めぐみさんの潮吹きが見たい!!』って声をいただいて、1週間から10日間単位で遠征したりもするんですよ。」
 

奥鉄一潮吹きの大イリュージョン

–それほど言うまでに潮吹きがすごいの?
「私の潮吹きには数種類のバリュエーションがあるんです。」
–バリュエーション??
「たとえば、【シャンパンファイト潮噴き】。今年一番乗りのお客様が名前を付けて下さったんですけど、シャンパンファイトするように1メートル位フツーにぶっ飛ぶ潮噴きなんですよ。」
–そんなにスゴイ勢いで出るんですか? 他には??
「ほかには、【マーライオン潮噴き】っていうのがあるんですね。私が攻めで上位の時によくなる噴き方ですけど、私の潮噴きを口に受けるご主人さまがおられて、溺れそうになったこともあります(笑)。 潮がよく溜まっている時は、1分間位マーライオン潮噴きをし続けるので、ゴボゴボ言って そりゃ~溺れそうになるんですよ。 」
–すさまじい潮吹きだなあ。正直潮吹きで溺れたくはないですよ。(苦笑)
「あとは、【青天潮噴き】。リピーターのお客様が命名してくれたんですけど、ベッドの上で仰向きで手マンやオナニーで天井まで潮が噴き上げるんです。」
めぐみさんは今後も本宅のある岡山県内と現在住んでいる新宿に拠点を置きつつ、各店舗から呼ばれれば全国の奥様鉄道69各店を廻りたいと考えているとのことです。潮吹きにこれだけのバリュエーションがあり、またお客さんがその迫力に感心して命名するなど、その潮吹きは壮大な迫力は奥鉄一の称号がふさわしく思います。
めぐみさんはかなりの頻度で岡山に帰ってきているそうなので、めぐみさんの潮吹きに興味を持たれた方は、めぐみさんのTwitterをご確認いただいて、ぜひ岡山店出勤時にご予約を入れて頂きたいと思います。
さて、そんなめぐみさんですがボクがパーソナリティを務めるネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』、
2016年12月1日放送の第235回に登場いたします。
めぐみさんの軽快な爆笑トークもお楽しみ下さい。
奥様鉄道69 めぐみさんTwitter https://twitter.com/okutetsumegumi

ライター紹介

吉岡優一郎

吉岡優一郎

1964年2月23日生まれ ノンフィクション作家。PHPプログラマー。1996年より20年にわたり風俗業界に関わっている。
風俗情報ネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』を2002年にスタート。
その縁でインターネットラジオ局『レディオ与一』『淫らなラジオ 淫らじ』を設立し、両局で局長を務める。
著書に『風俗嬢のホンネ』『もっと風俗嬢のホンネ』『風俗嬢たちのリアル』『ベテラン風俗ライターが明かすフーゾク業界のぶっちゃけ話』『ワケありな風俗嬢たち』(いずれも彩図社)がある。
ミリオン出版『俺の旅』、『FenixZine』、『みっけStory』、『よるともネット』などで連載中。
おもにインタビュアーとして活躍の傍ら、体験取材や旅行記、風俗店アドバイザーとしても実績がある。