1. TOP
  2. 編集部ブログ
  3. 松永駅前・松永シティホテルはデリヘル利用できるか検証してみた!!

松永駅前・松永シティホテルはデリヘル利用できるか検証してみた!!

松永シティホテルにおいてデリバリーヘルスが利用できるかどうかを検証してきました。
 
 
みなさんこんにちは。
風俗作家の吉岡優一郎です。

 
今回のビジネスホテルにおけるデリヘル利用可否検証企画、
松永シティホテルを検証してみたいと思います。

 
 

松永シティホテルはデリヘルの利用が可能なのか!?

city_matsunaga
 
 
松永駅前には3軒のホテルがありますが、
松永シティホテルはその一角をなす人気ホテルです。
綺麗なホテルなのでデリ嬢が呼べるならば、
きっと女の子も喜んでくれると思います。
そんな松永シティホテルはデリることが出来るホテルなのでしょうか?

 
 
ボクの判断は…..
 
 
全く判別がつきません
 
 
※この判断はあくまでも個人の見解です。
 
 

判断理由

 
 
呼べたとする声と呼べないとする声が半ばなので、
もしかするとフロントひとりひとりによって
判断が別れているのかもしれません。
問題なくデリれたとする人の声もあるし、
止められたとする声もほぼ同数ありました。

 
 

安心してデリれる近隣のホテル

 
 

  • ビジネスホテル ニュー長和島

 
 

松永シティホテルの特色

 
 
松永シティホテルはとても清潔なホテルです。
隅々まで綺麗に清掃が行き届いています。

 
 

朝食無料

 
 
チェックインの際に予約が必要ですが、
無料にて朝食の提供が受けられます。

 
 

ウォシュレット設置

 
 
一回のトイレにはウォシュレットが設置されています。
清潔なトイレがお好みの方にとても好評です。

 
 

ツイン、和室

 
 
シングルルームの他に、ツイン、和室も用意されています。
ビジネスの出張のほか、カップルや家族連れの方向けの部屋と言えます。

 
 

宿泊料金

 
 
シティホテル松永の宿泊料金は下記のとおりです。
 

お部屋タイプ 料金
シングル \4,630

 
宿泊料金は1名利用の場合。消費税別。
 
 

ホテル詳細

 
 
松永シティホテルのホームページ(楽天トラベル) はこちら。
 
松永シティホテル
TEL:084-933-4080
〒729-0104
広島県福山市松永町4-15-84

HP:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/7203/7203.html
 


 
 

オススメの女の子

 
 
もしも松永シティホテルでデリれたならば、四十五十還暦クラブ(完熟娘) は如何でしょうか。
四十五十還暦クラブ(完熟娘)福山店 「福山・広島・岡山・姫路」随時オープン!!です。

 
四十五十還暦クラブ(完熟娘) の情報はこちら
 
ガチガチにしてしまうくらいの初々しさが印象的な女性です、鳴海 史歩(なるみ しほ)(37) さん。
史歩さんの淫乱度を引き出して下さる方からのお誘いをお待ちしています。

 
そら ちゃんの情報はこちら。

 
 

お約束
 
 
さて、前回に続きこのコーナーでは1つだけお約束をさせて下さい。
各ビジネスホテルはその時の状況などにより、デリバリーヘルスへの対応が変化する場合があります。

 
デリれるビジホで仮に今日デリバリーヘルスの利用が可能であったとしても、、
宿泊者がデリヘル利用時にトラブルがあったり、警察など当局からの指導があったり、
経営者や現場による何らかの判断があった場合は、デリヘルの利用を禁止する場合もあります。

 
一方で、今日の時点でデリヘルの利用が禁止されているビジオであっても、
経営的な判断を理由に、解禁される場合もあります。

 
今回ボクが様々な情報や状況から『全く判別がつきません』と判断しましたが、
将来に渡ってこの情報を保証するものではありません。
もしみなさんが利用しようとした時に『デリれなかった』場合には、
お手数ですがその情報をフィードバックしていただければ嬉しく思います。

 
より多くの最新の情報が皆さんから集まれば、どのビジネスホテルでデリヘルが利用できるのか
正しい情報を共有することが可能となります。
みなさんからの事細かい『ビジネスホテルのデリヘル利用可否情報』を、お待ちしております。

 
 
※この記事はあくまでも個人の見解です。
 
 

ライター紹介

吉岡優一郎

吉岡優一郎

1964年2月23日生まれ ノンフィクション作家。PHPプログラマー。1996年より20年にわたり風俗業界に関わっている。
風俗情報ネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』を2002年にスタート。
その縁でインターネットラジオ局『レディオ与一』『淫らなラジオ 淫らじ』を設立し、両局で局長を務める。
最新刊『吉原で生きる』は発売一週間で重版となり、一ヶ月後には立花隆氏による書評が週刊文春に掲載されたこともあり、再重版のヒットとなった。
著書はほかに、『風俗嬢のホンネ』『もっと風俗嬢のホンネ』『風俗嬢たちのリアル』『ベテラン風俗ライターが明かすフーゾク業界のぶっちゃけ話』『10人のワケありな風俗嬢たち』(いずれも彩図社)がある。
ミリオン出版『俺の旅』、『FenixZine』、『みっけStory』、『よるともネット』などで連載中。
おもにインタビュアーとして活躍の傍ら、体験取材や旅行記、風俗店アドバイザーとしても実績がある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 岡山駅近くの長期宿泊型ビジネスインセントラルでデリヘルを利用する